ホーム > ビジネス > 建設 > 建設資材

アフターメンテナンス工房

画像あり

カテゴリー ビジネス > 建設 > 建設資材
価格 詳しくはお問い合わせ下さい。
所在地 東京都八王子市小門町79−38
連絡先電話番号 042-628-9660
連絡先FAX番号 042-628-9660
サービスURL http://www.after-maintenance.com/

商品・サービス詳細

アフターメンテナンス工房

アフターメンテナンス工房は北米を始めとした世界中の輸入建材のメンテナンスを得意とするサービス会社です。
社員わずか3人の小さな会社ですがお客様のご要望に答え日本中を飛び回っています。
そこに壊れた窓のある限り日本中どこでも駆けつけます。

多くの大手住宅メーカーや工務店さんから依頼され輸入建材のメンテナンスを行うアフターメンテナンス工房。
なぜ我々が日本全国を飛び回ることになるのかその理由は、輸入建材は国産の建材と全く違う代物だからです。
まず窓の寸法が異なります。
日本の家屋は尺貫法をベースに建てられています。
デザインが良いからという思いつきで輸入建材を使おうとしても、寸法からして合いません。
それらを取り付ける金物やネジやボルトにいたるまで、国産のものとは異なるものが使われています。

★輸入建材が国産と異なる部分
■寸法
国産はセンチ単位、米国製はインチ単位です。

■窓
輸入サッシには高温多湿の日本には適していない構造のものがあります。
しっかりとした防密湿・防水処理を行うことで結露などを減らすことが可能です。

■玄関ドア
国産と異なり内開きです。
内開きに適した施工が必要になります。
また本来、内開きのサッシを外開きに施工する場合、特殊な加工が必要となります。


詳しくはこちら
http://www.after-maintenance.com/

メニュー・スペック

メンテナンスの為にビスや金具1つから直接海外メーカーからの輸入を行っています。
メーカーが倒産してしまい部材が入手できない場合でも類似の部材を加工してご提供いたします。
輸入サッシには、国産サッシにはない豪華なデザインのものが数多くあります。
また驚くべきことにそうしたサッシの多くが非常に安価で入手可能です。
素敵な輸入サッシを使いたいけど、施工やメンテナンスが不安・・そういうお客様はぜひアフターメンテナンス工房にご相談ください。
正しい施工をした輸入サッシは、ご自身でできる簡単なメンテナンスで長く快適にご利用いただけます。

★おすすめする海外サッシメーカー
◆北米
豊富なデザインと安価な価格、輸入建材の主流は米国です。
マービン、ペラ


詳しくはこちら
http://www.after-maintenance.com/

お問い合わせ

「アフターメンテナンス工房」へのお問い合わせはこちらから。

その他の商品・サービス

  • アフターメンテナンス工房 (ビジネス > 建設 > 建設資材)

このページのトップへ

会員情報

会社名
アフターメンテナンス工房
所在地
東京都八王子市小門町79−38
設立
2003年
従業員数
3-5人
ホームページ
http://www.after-maintenance.c... 

Bizloopサーチ ガイドリンク

同じカテゴリーの登録情報

建設資材(34)

さらに東京都(8)で絞込み

この情報を見た人が他に見た情報

アンカーホルダー

関連サイト