ホーム > ショッピングとサービス > サービス > その他サービス

財産分与(離婚)による不動産名義変更

カテゴリー ショッピングとサービス > サービス > その他サービス
サービス地域 東京、埼玉、千葉、神奈川を中心に全国の不動産名義変更手続に対応いたします。
価格 ”堝飴彩承訴儿垢まかせパック  80,000円
∈盪妻与“公正証書”パック  160,000円
所在地 東京都千代田区九段南3−3−18 アシスト九段ビル3階
連絡先電話番号 0120-670-678
連絡先FAX番号 03-3222-6331
アクセス 市ヶ谷駅 A3出口 徒歩6分
半蔵門駅 5番出口 徒歩9分
九段下駅 2番出口 徒歩13分

商品・サービス詳細

財産分与(離婚)による不動産名義変更

当センターでは、相続に伴う不動産名義変更(相続登記)を中心に、各種の不動産名義変更手続きをサポートいたします。
土地の名義変更、家の名義変更、マンションの名義変更手続きは当センターにお任せください。

専門家の確実な手続きにより不動産の権利を保全し、お客様の大切な財産をお守りいたします。


”堝飴彩承訴儿垢まかせパック

財産分与契約書の作成、必要書類の収集、登記の申請までの、財産分与(離婚)による不動産名義変更手続きの全てをサポートします。
お客様は当センターが作成した書類に署名捺印するだけ(印鑑証明書の取得を除く)。


∈盪妻与“公正証書”パック

不動産の名義変更はもちろん、子の親権や養育費・慰謝料・財産分与など、離婚に伴う全てを盛り込んだ離婚給付契約公正証書を作成します。



Q&A


財産分与とは?
財産分与とは、夫婦の協力でこれまでの生活において築いてきた財産を、離婚時に清算し相手方に分配することです。

離婚協議書、財産分与契約書とは?
協議離婚では、離婚届を役所に提出し受理されれば離婚は成立します。
財産分与に関しても夫婦の話合いによって成立しますが、その内容を必ず書面に残しておくことが大切です。その書面のことを離婚協議書や財産分与契約書などと呼ばれます。

不動産の名義変更するには?
不動産の名義変更をするためには、法務局に登記申請する必要があります。

不動産の名義変更にかかる費用は?
大きく分けて、司法書士に依頼する費用と登録免許税などの実費の2つが必要です。

不動産の名義変更は必要?
不動産を財産分与で譲り受けた時、単に離婚&契約しただけでは、第三者に対して権利を主張できません。
よって、不動産を売買することや担保を設定することもできません。
第三者に対して不動産の権利を得たと主張するためには、登記による名義変更が必要となります。
なお、財産分与は当事者間の合意と離婚で権利は移転しますし、登記も義務ではありません。
登記をしていなければ、上記不都合が生じるだけです。

登録免許税以外にかかる税金は?
結婚中に購入した不動産以外の財産分与については、不動産取得税が課税されます。
結婚中に購入した不動産については、財産分与で取得しても不動産取得税が課税されません。
(『購入』が条件ですので結婚中に相続で取得した不動産などは課税されます。)

お問い合わせ

「財産分与(離婚)による不動産名義変更」へのお問い合わせはこちらから。

その他の商品・サービス

このページのトップへ

会員情報

会社名
不動産名義変更手続センター
所在地
東京都千代田区九段南3−3−18 アシスト九段ビル3階
ホームページ
http://www.meigi-henkou.jp/ 

Bizloopサーチ ガイドリンク

関連サイト